FAMI通原主編浜村弘一表示《魔物獵人:世界》銷量將超過 1000 萬套

近日在日本東京舉辦的研討會上,原《FAMI通》主編,現任GzBrain社長的浜村弘一表示,如果順利的話,《魔物獵人:世界》全世界範圍內目標銷量會超過1000萬套

蝦米攻略網

對於日系遊戲來說,雖然有《精靈寶可夢》這樣廣為人知的系列存在,但1000萬套仍舊是個非常非常高的門檻,而之所以浜村弘一認為《魔物獵人:世界》能夠賣到1000萬套他也給出了自己的理由:

「在過去,《魔物獵人》系列在歐美人氣不夠旺是因為其以掌機遊戲為主,實際上狩獵類型的遊戲在歐美是非常有人氣的,達到千萬級銷量並非不可能,再細說的話,遊戲裡的武器,像是弩箭、槍都為了歐美玩家更好接受而下了很大功夫。」

同日に東京都内で開かれたセミナーで明らかにした。世界で1000万本を売るゲームには、「ポケットモンスター」シリーズなどがあるものの、日本のメーカーには極めて高いハードルとなっている。“大台”を狙える理由について「過去のシリーズは(欧米で不人気の)携帯ゲームだったから。『ハンティング(狩り)ゲーム』は欧米でも注目されているので、(大台の)可能性はゼロでない」と説明。「細かい話になるが、(ゲーム中の武器の)ボウガンもマシンガンのようになっており、欧米で受け入れられるための工夫をしている」と指摘した。

《魔物獵人》系列遊戲在日本非常有人氣,遊戲近年來都以掌機為主,而這次卻登陸了PC/PS4/Xbox One平台,吸引了更多的玩家關注,《魔物獵人:世界》能否達到千萬級的銷量成績?就讓我們拭目以待。

Via: モンスターハンター:新作「ワールド」は「世界で1000万本狙える」 Gzブレイン浜村社長語る

玩家討論版